よくある質問

2014年12月12日 金曜日

軽い追突事故でムチウチになってしまうわけ

こんにちはsun



たかの台たいよう整骨院のブログ担当本間ですhappy01



今日は、軽い追突事故でむちうち症になってしまうわけについて



お話したいと思いますconfident



自分が乗用車にのって止まっている状態で、



時速20㎞未満で走る車が追突してきたとします。




このとき、車はへこみはしますが走行に支障がでるような壊れ方



をしなかったとします。



では車の中に載っている人はどうなったでしょうかsign02




停止した車の中で追突される瞬間がわかっていれば



平気だったかもしれませんが、



中の人はたいてい首を痛めますdownsweat02




簡単な話、不意を突かれて後ろから衝撃が来れば、中の人には



「慣性の法則」が働き、筋力が他から比べると弱い首だけが



鞭のように後ろにしなったあと前に振られます。


【慣性の法則:止まっている物体は止まっていようとし、動いている物体は動き続けようとする事。この例の場合、止まっていようとする力が働いて身体は前に押し出されるが、首だけはその場に留まろうとするため首が鞭のようにしなってしまう】



この動きがむちうちの原因となるのですcoldsweats02



時速20㎞と言えば、成人男性がそれなりに頑張って



走っている速度と同じです。




後ろからその何10倍もの重さの鉄の塊がぶつかってきたら




それは痛めない方が凄い事なんですよweep



むちうち症はすぐに症状が強くならない場合もあります。



たいてい1~2週間で強くなってきますが、人により1.2カ月後から



辛くなってくる場合もあります。



辛さを感じる前に是非診察を受けてくださいねsign03



たかの台たいよう整骨院
千葉県四街道市鷹の台4-1-2
043-309-6249
キッズスペースございます









投稿者 たかの台たいよう整骨院

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒284-0033
千葉県四街道市鷹の台4-1-2

お問い合わせ 詳しくはこちら